I did it !

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
23
 
今日は東京マラソンの抽選発表ですね。
もう、ドキドキです。

前回、「右足小指側の圧迫感がある」と書いたDSTRAINERですが、めでたく改善しました。

走るときにはTbioの5本指ソックスを愛用しています。
このソックス、サポート感やフィット感が良く、生地が厚いので耐久性も良いというスグレモノです。
ただ、DS TRAINERにはもう少し薄めのソックスが良いのかもと思い、武田ソックス(R×L SOCKS)の薄めの5本指に変えてみました。
これを着用してDS TRAINERを履いてみたのですが、やはり小指側の圧迫感はそのまま…(^^;
この段階では、やはり自分にはアシックスが合わないのかな、と思っていました。

後日、何の気なしに武田ソックスの5本指ではないものを着用して走ったのですが、小指側の圧迫感がないのです。
ほんの少しの差ですが、5本指のソックスと通常のソックスとでは、同じ生地の厚さでも着用した際の足幅が違いますよね。
この少しの差で足の圧迫感が無くなってしまうのですから、たかがソックスと侮れません。
今回は良い勉強になりました。


さて、ソックスの履きかえで解決したDS TRAINERの圧迫感ですが、解決策が見つかるまでは真剣にアシックスが合わないんじゃないかと悩んでました。
で、再びadizeroに戻そうと考えていて、早々と3代目シューズを買っていました。


adizero Mana7です。

当初、adizero Japan2の前モデルの色(ハイエナジー)を考えていたのですが、前モデルということもあり、どのショップもすでに扱っているサイズが限られていました。
また、このモデルの位置づけは匠RENの一つ下だと思うのですが、自分の走力では履きこなせないだろと考えました。

で、Boston3とMana7が候補となったのですが、いくら圧迫感がある(解消されましたが)とはいえ、買ったばかりのアシックDS TRAINERをお蔵入りにするわけにはいきません。
DS TRAINERと同じようなレベルのBoston3を買うよりは、今の走力よりは上だけど、Mana7を買ったほうが守備範囲が広がると考えたわけです。

先日、試走してみましたので、DS TRAINERと比べてみた感じを書いておきます。
(サイズはDS TRAINERと同じ26.5cm)
平日夜で時間もなかったことから、5kmほどビルドアップをしてみました。

サイズはまさにジャストフィット、シューレースをうまい具合に調節すると足のアーチ部や甲の辺りがシューズに包み込まれているような感じです。
つま先や懸案の足小指側への圧迫感もありません。
また、踵のホールド感もいい感じです。
何よりも見た感じが「シュッ」としていてスタイリッシュです。
自分の足型には、やはりアシックスよりadidasの方が合っているのかもしれません。

走ってみて感じたのは「守られている感がない」ということ。
DS TRAINERの場合は、シューズ全体で足が守られているような感覚が強かったのですが、Mana7の場合は、そういう感覚が希薄です。
特に踵から着地した際に、地面の感触がリアルに伝わってきて違いを実感します。
横方向へのホールド感も、オーバープロネーション対策を施したDS TRAINERは、シューズが踵部分の横方向への動きを制限している感覚があり、これが安定感に繋がっているのですが、Mana7はニュートラルなのでそういう感覚もありません。

驚いたのはグリップ感。
ソールのつま先部分がブツブツになっているのですが、これがとっても良い感じに地面をグリップします。
自分は、ピッチ走法なので、地面を蹴るような走り方ではないのですが、それでも地面に着いた足を後方へ送る際に、最後の部分でシューズが地面を確実にグリップしていることを実感できます。
これは今まで履いていたAge2やDS TRAINERでは感じなかったことなのでビックリしました。



走り終わってクールダウンで歩いているときにDS TRAINERで感じたアメ車のようなフワフワ感もありませんでした。
ただ、ショップの店員さんによれば、ソール自体が柔らかいのはアシックスよりもadidasなんだそうです。
アシックス(今回のDS TRAINERなど一部のモデル)は、衝撃吸収剤やインナーソールが柔らかい分、adidasよりも全体的に柔らかく感じるのではないかとのことでした。
また、大雑把ですが、ピッチ走法にはアシックスやadidas、ストライド走法にはNIKEやニューバランスが向いているとのことでした、しかし、これは各メーカーに色々なモデルがありますので一概には言えませんね。

全体的にDS TRAINERがアメ車だとすると、Mana7は高性能タイヤを履いた軽自動車といった感じでしょうか。
車体は軽く、キッチリ感が少ないけど、グリップ力は抜群という印章を受けました。
見た目から受ける印象そのままに、走ってみると「チョー気持ちいい!」シューズです。

今後は、DSTRAINERとうまくローテーションさせて練習していきたいと思います。

About Me

f*cus

Author:f*cus
1961年生まれ♂
世間では中年と呼ばれる歳だけど、外見と精神年齢は30代。
体を動かすのは好きだけど、子供の頃から長距離は大嫌い。
そんな自分が何を思ったのか、突如として体のメンテに目覚め、なんと大嫌いだったはずのランニングまで始める。
全速ランをLSDと間違われても何のその!
目標はホノルルマラソンでサブ4!?
大丈夫か?俺。

Archives

Category

Recent article

All article list

全タイトルを表示

Jog Note

Twitter

 

Links

Bookmarks

ここは個人的なブックマークです

Mail form

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

Search form

Trackbacks

RSS Link

Prug-in

Thank you for the visit


現在の閲覧者数:
Copyright © f*cus / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。